• CityHair&CAFE

手荒はつらいよ

私自身手荒れ経験者であり、克服した者として、その辛さはよ〜くわかります。


手荒れはホント辛いですよね。。。


その克服ステップ1として、


どんなに “手にやさしい” と表示があっても、

市販の食器用洗剤を使用する場合、


必ず!ゴム手袋をしましょう。




なぜなら、必ずゴム手袋をする前提での、商品開発だからです。


よく考えれば、原料が硫酸なので当然ですよね💦



あと


外から帰ってきて、


『ただいまー!』


の時の手洗い時。


バーデンスボディソープを利用します。


その利用方法!

①100円均一・無印良品でも販売されております、「泡で出る容器」通称『フォームポンプ』を購入。



②ボディソープを水道水で2〜3倍希釈で使用します。


こちらも手洗い習慣が徹底された現代では、


とーーーっても大事な事。


洗う回数が多ければ多いほど、


洗浄剤の成分には目を向けていただきたい。




いわゆる主婦湿疹(生活手荒れ)を防ぐには


食器洗剤は必ずゴム手袋

※帰宅時の手洗いバーデンス

※外出先での備え付けの手洗い洗剤使わない(しっかり水洗するか、持参。)



つまり、保湿よりも洗うことを気をつける!




わかっているけども、

どうしても【素手】で食器を洗いたい場合。


バーデンスデタージェント


をお使いください。

お使いになられている方々からは、

ご自身の手の潤いが


「もってかれない!」


との評判です。


素手で食器洗いが出来るということは、


当然 “身体” も洗えるということです。(ただし、美容成分が入っておりませんが。)


因みに嫁さんの朝の洗顔料はこれです。(夜はお風呂に入るのでシャンプーで洗ってます)



また、


お洋服のお洗濯で使用した場合、柔軟剤も要らず


ふんわり仕上がります。



バーデンスだからいいっ!


という事ではなく、

洗浄成分が「酢酸アミノ酸」だからいいのです!




手が荒れてしまうとコロナウイルスにおいて、飛沫感染だけでなく、


接触感染


も注意しなければいけません。


肌のバリア機能が崩壊してしまうと、そこから侵入してしまうので・・・


まずは、


何が原因で手荒れしてしまっているのか


を見つめ直し、


確実な対策を講じましょう。




保湿ももちろん大事です。


しかし、


ここまで


【洗う】


を徹底的に見つめ直してからの


保湿なのです。







85回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示